赤ガウクルア赤ガウクルア

天然のバイアグラ 赤ガウクルア

高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

ED・勃起不全あれこれ 037

考えておきたい「高齢者の性」

65歳以上の人口が総人口に占める割合を「高齢化率」といいます。この率が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」と呼ばれます。

日本は、
1970年の調査で「高齢化社会(7.1%)」に、
1995年の調査で「高齢社会(14.5%)」に、
2007年の調査で「超高齢社会(21.5%)」になりました。
2010年では、23.1%です。

つまり、現在の日本は、すでに、5人に1人が高齢者という時代を迎えているのです。

少子化に伴い、高齢化率は今後、さらに上昇するでしょう。勢いを増す高齢化で、主役である高齢者の“性”は、どう変わるのでしょうか。

65~69歳男性の18%が月2~3回性交

日本性科学会・セクシュアリティ研究会が、配偶者のいる40~70代の男女1000人を対象に、1999年10月~2000年3月にかけて行った調査によると、高齢者と呼ばれ始める65~69歳男性のうち、週2回以上性交をする人は2%でした。

それ以外の頻度では、
週1回=7%
月2~3回=18%
月1回=12%
年数回=27%
この1年なし=35%  となっています。

同年齢層の女性では、
週2回以上=0%
週1回=8%
月2~3回=20%
月1回=8%
年数回=23%
この1年なし=43%  でした。

この年齢に近い方は、ご自分の実績と比べられると興味深いと思います。この調査は、配偶者との性交に限定したもので、いわゆる「婚外交渉」は反映されていませんが、男女とも、年齢層が上がるにつれて「この1年なし」の割合が明らかに増えています。

「性欲は加齢とともに衰える」という誤解

この調査からは、年齢を重ねるにつれて、性行動が「ごぶさた」になることが読み取れます。体力低下や健康上の理由など、加齢による影響と考えることもできるでしょう。

その一方で「生涯現役」を生きがいに、パートナーとの豊かな性生活をエンジョイしている高齢者も少なくありません。
実際、調査の最高年齢層である75~79歳では、男性の11%、女性の17%が「月2~3回性交する」と回答しています。

人間の性行動に年齢的な「始め」はあるものの、決まった「終わり」はありません。にもかかわらず、高齢者の性については「性欲は加齢とともに衰える」という誤解が一人歩きしているようです。

そのため、超高齢社会を迎えているのに、高齢者の自由な恋愛や性行為を蔑(さげす)んだり、呆れたりするなど、高齢者の性を否定的に捉える風潮が根強いのが現状です。

天然のバイアグラ -赤ガウクルア-

このハーブは、表皮に傷をつけると、血のような赤い液が流れ出てきます。この赤い液体の正体は、豊富に含有された、ポリフェノールです。このハーブの一番の特徴は、植物で唯一、テストステロンという男性ホルモンを含有していることです。加齢とともに少なくなって行く男性ホルモンが招く、筋力の低下、体力の低下、男性性の更年期障害、ED、気力、活力の低下等々の症状でお悩みの方にお勧めです。また、フラボノイド成分、フィトテストステロンの働きにより、体内細胞の活性化を促し、ポリフェノール、フラボノイドの抗酸化物質の働きで、体内の活性酸素を除去します。男性のアンチエイジング、いつまでも精力的な毎日を送りたいあなたをサポートするハーブです。
※本サイトは、複数のソフォン(赤ガウクルア)の既述をまとめたもので、その既述の根拠はありません。取扱は、個人の判断でお願いいたします。

天然のバイアグラ -赤ガウクルア-なら、マイハーブプログラム

アカガウクルアの効果

疲労回復効果

人間が疲労を感じるのは、体内のDHEAの減少が原因のひとつだと考えられています。
DHEAとは、副腎皮質で生成され、血液中に分泌される副腎皮質ホルモンで「若さの源泉」とも呼ばれる性ホルモンの一種です。人間の体内では約150種類以上のホルモンが副腎皮質から分泌されています。そのホルモンの中でも最も分泌量が多く、男性ホルモンであるテストステロン[※1]や、女性ホルモンであるエストロゲン[※2]などホルモンをつくりだす役割を持つホルモンがDHEAです。
DHEAは、7歳頃から血液中分泌にされ、男女ともに思春期に急激に増加していきます。25歳頃でピークを迎え、年齢とともに減少していき75歳頃にはピーク時の10%程度にまで減少してしまいます。
DHEAは総体的な健康感を高めるため、疲労回復に役立ちます。アカガウクルアは、DHEAの分泌を促進する働きがあるため、疲労回復に効果的だといえます。

体力を増強する効果

アカガウクルアはDHEAの分泌を促進する働きがあるため、体力増強に効果的です。
DHEAが増加することで、免疫組織を若返らせ、生活習慣病の予防や筋力増強、新陳代謝の活発化に期待が持てます。また、エネルギーレベルを高めることで、ストレスに対応し、体力維持に効果を発揮します。
DHEAは、アメリカでは「若返りホルモン」として認知され、筋肉増強、痩身、ストレス軽減、記憶力向上そして疾病予防との関連について研究が多くの学者たちによって進められています。

[※1:テストステロンとは、男性ホルモンの一種で、睾丸や副腎から分泌される男性らしい筋肉質な体つきを促進するホルモンのことです。]
[※2:エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で、卵胞や黄体から分泌される女性らしい体つきを促進するホルモンのことです。]

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|34|35|36|37|38|39|40|41|42|43|44|45|46|47|48|49|50|