赤ガウクルア赤ガウクルア

天然のバイアグラ 赤ガウクルア

高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

ED・勃起不全あれこれ 001

果物とEDと生活習慣病の関係とは

ED(勃起不全、勃起障害)は「喫煙」や「生活習慣病」など生活習慣の乱れに関係していることが、いろいろな研究・調査で明らかにされています。そこで今回は、2009年に行われた勃起時の硬さと生活習慣に関するアンケート調査結果をご紹介します。

この調査は、日本在住の成人男性7710人に対して全15項目の質問をインターネット上で実施。その回答を基に「喫煙」や「生活習慣病」が勃起時の硬さとどのように関わっているかが分析されました。

身近な食べ物で硬さを例える

この調査では、勃起の硬さを果物などの身近な食べ物に例えて4段階で評価しています。

グレード1=こんにゃくの硬さ
グレード2=みかんの硬さ
グレード3=グレープフルーツの硬さ
グレード4=りんごの硬さ

その結果、アンケート回答者の「最近の勃起時の硬さ」は、

りんご=42.0%
グレープフルーツ=36.6%
みかん=13.7%
こんにゃく=7.7%

――でした。

1日2箱以上吸う人に忍び寄るEDの影

まず、喫煙習慣が勃起の硬さやEDにどのような影響を与えているのか。
喫煙習慣が「1日2箱以上」の場合、「1日1箱程度」「1日数本程度」「喫煙習慣なし」の場合に比べて、「みかん」や「こんにゃく」という回答が多く(「みかん」が23%、「こんにゃく」が12%)、勃起の硬さが乏しくなる傾向がみられました。

「勃起時の自信」の有無について調べてみると、「1日2箱以上」喫煙する人の71%、「1日1箱程度」喫煙する人の59%が、自信が「ない」と回答。一方、「1日数本程度」「喫煙習慣なし」では自信の「ある」「ない」がほぼ半々で、1日の喫煙本数が多いほど、自信を失う傾向がみられました。

「EDの自覚」があるかどうかについては、「1日2箱以上」という人の66%が、EDかもしれないと思ったことが「ある」と回答していました。一方、「1日1箱程度」「1日数本程度」「喫煙習慣なし」という人では、半数以下の人しかEDの可能性を自覚していませんでした。

これらのことから、タバコを多く吸う人ほど、EDになる可能性が高いことが分かります。

硬さを損ないやすい、生活習慣病

次に、「生活習慣病」つまり「血圧」「コレステロール」「血糖値」との関係を調べました。

それによると、「血圧」も「コレステロール」も「血糖値」も、高めと診断された人は、そうでない人に比べて「みかん」「こんにゃく」の割合が高い傾向にありました。
つまり、なんらかの生活習慣病を抱えている人ほど、勃起時の硬さが不足気味であることがうかがえます。

特に、血糖値が高めと診断された人(つまり糖尿病の人)では、「みかん」(22%)や「こんにゃく」(20%)が多く、これは高血圧や高コレステロールと診断された人よりも多い結果でした。糖尿病は生活習慣病の中でも特にEDのリスクが高いといえるでしょう。

天然のバイアグラ -赤ガウクルア-

このハーブは、表皮に傷をつけると、血のような赤い液が流れ出てきます。この赤い液体の正体は、豊富に含有された、ポリフェノールです。このハーブの一番の特徴は、植物で唯一、テストステロンという男性ホルモンを含有していることです。加齢とともに少なくなって行く男性ホルモンが招く、筋力の低下、体力の低下、男性性の更年期障害、ED、気力、活力の低下等々の症状でお悩みの方にお勧めです。また、フラボノイド成分、フィトテストステロンの働きにより、体内細胞の活性化を促し、ポリフェノール、フラボノイドの抗酸化物質の働きで、体内の活性酸素を除去します。男性のアンチエイジング、いつまでも精力的な毎日を送りたいあなたをサポートするハーブです。
※本サイトは、複数のソフォン(赤ガウクルア)の既述をまとめたもので、その既述の根拠はありません。取扱は、個人の判断でお願いいたします。

天然のバイアグラ -赤ガウクルア-なら、マイハーブプログラム

アカガウクルアの効果

疲労回復効果

人間が疲労を感じるのは、体内のDHEAの減少が原因のひとつだと考えられています。
DHEAとは、副腎皮質で生成され、血液中に分泌される副腎皮質ホルモンで「若さの源泉」とも呼ばれる性ホルモンの一種です。人間の体内では約150種類以上のホルモンが副腎皮質から分泌されています。そのホルモンの中でも最も分泌量が多く、男性ホルモンであるテストステロン[※1]や、女性ホルモンであるエストロゲン[※2]などホルモンをつくりだす役割を持つホルモンがDHEAです。
DHEAは、7歳頃から血液中分泌にされ、男女ともに思春期に急激に増加していきます。25歳頃でピークを迎え、年齢とともに減少していき75歳頃にはピーク時の10%程度にまで減少してしまいます。
DHEAは総体的な健康感を高めるため、疲労回復に役立ちます。アカガウクルアは、DHEAの分泌を促進する働きがあるため、疲労回復に効果的だといえます。

体力を増強する効果

アカガウクルアはDHEAの分泌を促進する働きがあるため、体力増強に効果的です。
DHEAが増加することで、免疫組織を若返らせ、生活習慣病の予防や筋力増強、新陳代謝の活発化に期待が持てます。また、エネルギーレベルを高めることで、ストレスに対応し、体力維持に効果を発揮します。
DHEAは、アメリカでは「若返りホルモン」として認知され、筋肉増強、痩身、ストレス軽減、記憶力向上そして疾病予防との関連について研究が多くの学者たちによって進められています。

[※1:テストステロンとは、男性ホルモンの一種で、睾丸や副腎から分泌される男性らしい筋肉質な体つきを促進するホルモンのことです。]
[※2:エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で、卵胞や黄体から分泌される女性らしい体つきを促進するホルモンのことです。]

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|34|35|36|37|38|39|40|41|42|43|44|45|46|47|48|49|50|